納得のいくファッションを割安でおこないたいと願う人は自分だけのオリジナルTシャツを身につけることで、個性的で自分好みのファッションを実現することが可能になります。

現在の私たちが着やすい浴衣

一見すると、見た目は元々ある浴衣と同じ様に見えますが、着やすい様に改良がおこなわれている浴衣もあります。普段は洋服になれてしまっていて、逆に和服に着る機会がなく、浴衣などを着る機会があり、着付けが難しいと感じる事もあります。

また、浴衣を長時間着ていると苦しく感じられるという人もいます。

浴衣をすでに何着も持っていて、着こなしているという人は、問題ないと思いますが、遠出をする機会が多いのでちょっと不安に感じるという人は、着やすく改良されている物を着用するといいかと思います。着崩れをなおす際に使う事もあるタオルや、足が痛くなった時に使うキズテープなどを持参しておくと、いざという時に助かる事もあります。

浴衣の長襦袢

浴衣は本来、湯上がりにさらりと着るバスローブのようなものでした。ですから、長襦袢を下に着ません。

長襦袢には、着崩れを防ぐ下着としての機能があります。

長襦袢を着ない浴衣は、長時間の外出では、どうしても着崩れしやすいのです。着崩れてしまっては、せっかくの浴衣の涼しげな雰囲気も台無し。できるだけきれいに着て歩きたいですね。

崩れにくい着方のポイントは、腰紐。
腰紐はウエストではなく、骨盤の上のほうにかかるように。しっかり結んだつもりでも、歩いているうちにゆるんできてしまいますから、しっかり締めて大丈夫。

また、襟元もゆるんでしまいやすいところ。襟ががばがば開くのもだらしのない印象で、色気のないもの。着るときには、衿を深く、しっかりと合わせて着るくらいでちょうどいいでしょう。

浴衣の関連記事