納得のいくファッションを割安でおこないたいと願う人は自分だけのオリジナルTシャツを身につけることで、個性的で自分好みのファッションを実現することが可能になります。

作業服として利用できるオリジナルTシャツ

いろんな活用法があるオリジナルTシャツは、会社の作業服として活用する事もできます。この場合に、オリジナルTシャツと言っても社外の人に接する機会が多くないのであれば、デザイン性よりも利便性を追求した方がいいかもしれませんね。

たとえば、オリジナルTシャツに社員の名前などを盛り込んだり、人がいる事を認識しやすくするために、目立つ色のオリジナルTシャツにするというのもいいかもしれませんね。

また、長そでのオリジナルTシャツであれば、作業の際に邪魔になってしまう事がないかどうか検討する様にしたいですね。また、長そでと半そでの両方を作成して、季節によって使い分けるのもいいかもしれませんね。

イベントにはオリジナルTシャツを用意

地域や学校など、様々なつながりの中でイベントを迎えることも多いでしょう。そのようなときにユニフォームがあると一体感が生まれやすく、よりイベントを楽しみやすい状況を作ることが出来ます。

そのため、ユニフォームに使えるオリジナルTシャツを用意しておきましょう。デザインから自分たちで考えることで愛着もわきやすくなりますし、メンバーとそれ以外の人の識別にも役立ちます。オリジナルTシャツを制作してくれる業者はたくさんありますから、自分たちの状況に合わせた作成をしてくれる業者を選んでお願いしてみるとよいでしょう。

仕上りを確認したいオリジナルTシャツ

自分でオリジナルTシャツを作った事がない場合には、どんな仕上がりになるのかという事が何より知りたい事だと思います。オリジナルTシャツのデザインをTシャツに当てはめた画像であれば確認できる事もある様です。

これでかなりイメージしやすくなるでしょう。また、オリジナルTシャツは1枚でもオーダーできる事もありますので、まずは1枚だけオリジナルTシャツを作ってみて、問題ない様であれば量産するというのもいいでしょう。

実際に完成したオリジナルTシャツを手に取って確認するという事ができる点において、この方法は失敗が少ないと考えられます。自分なりに失敗してしまう事がない様に、工夫するといいかと思われます。

オリジナルTシャツに使える色について

オリジナルTシャツに使える色は実にたくさんあります。 発泡加工のインクカラーは通常のインクカラーから選択可能で、ブラックやホワイト、レッドやブルーなど一通りのカラーが揃っているので自分の希望にあわせて選ぶことが出来ます。

他にもきらきらの粒子があって滑らかな光沢感があるメタリックカラーもあります。 こちらはゴールドやシルバー以外にもカラフルなカラーがあるので、注目度を上げたいオリジナルTシャツにもおすすめです。

同じように目立ちたいときにおすすめなのが蛍光カラーです。 単色だけでなくほかのカラーと組み合わせることも可能で、とてもインパクトがあるので白や黒の定番のカラーのTシャツと組み合わせても素敵な仕上りになります。

さまざまな機会に使えるオリジナルTシャツ

文化祭や学園祭、体育祭など学校行事でクラス全員がお揃いのTシャツを着るときや、サークルやチームのチームウェア、カフェや居酒屋などショップのユニフォーム、自治体や企業のイベントなど、自分でデザインしたオリジナルTシャツはさまざまな機会に活躍してくれます。

市販の製品にはないような独自のデザインや、チームのロゴ、会社のイメージキャラクター、お店の名前など好きな模様をプリントすることができるのでインパクトがあり、販売促進や新商品のアピール、チームの団結感を高めるためなどいろいろな目的に使えて、記念品としても素敵です。

イベントや行事で参加者の結束力を高めるオリジナルTシャツ

体育祭や文化祭などの学校行事から各種イベントごとに至るまで、参加者のチームワークを高めるには同じ服装に身を包むのが一番です。また自分たちならではのデザインによるオリジナルTシャツを作成して身につけることで、より力強い結束力で結ばれることでしょう。

このオリジナルTシャツは最近ではネットなどで簡単に発注できるようになっており、自らパソコン画面でカスタマイズしたり、あるいはラフスケッチをファックスやメールで送るなどして業者側にデザインを伝えることができます。もちろん制作枚数が多いほど費用も安価となりますので、仲間どうしで注文するとより大きなメリットを得ることができるでしょう。

オリジナルTシャツ作成の関連記事