納得のいくファッションを割安でおこないたいと願う人は自分だけのオリジナルTシャツを身につけることで、個性的で自分好みのファッションを実現することが可能になります。

TOP > Tシャツ > Tシャツ作成 オリジナルTシャツ > その場で受け取れるオリジナルTシャツ

目次

その場で受け取れるオリジナルTシャツ

一般的なオリジナルTシャツというのは、デザインを入稿すると後はプリントを行ってくれて完成した物は指定の住所に配送してくれます。

しかし、オリジナルTシャツを出荷してから到着するまでに時間がかかる事もあります。

遠方なら長い時間がかかる事もあります。そこで、オリジナルTシャツのプリントを行っているお店の中には、顧客があらかじめ伝えられている完成日時に来店すると、その場で完成したばかりのオリジナルTシャツを受け取る事ができるサービスを行っている事もあります。

オリジナルTシャツを早急にプリントしないといけない時などに、店頭受け取りのサービスがあれば時間の短縮にもなりそうです。

Tシャツ作成のコストについて。

長袖のオリジナルTシャツについて

オリジナルTシャツといえば、半袖タイプのものを思い浮かべることが多くありますが、決して半袖タイプのものだけではありません。

長袖タイプのものも注文することができます。この場合も、半袖タイプのものと同様に、好きなイラストや文字を入れることが可能となっています。

そのため、秋や春といった半袖ではまだ肌寒い時期にも、対応することができます。しかし、一般的に、長袖タイプのものは、半袖タイプのものよりも値段が高く設定されています。

したがって、注文をする際には、値段や用途をしっかりと考えて、オリジナルTシャツを注文することをおすすめします。

オリジナルTシャツ作成の関連記事

相談ができるオリジナルTシャツ

時には自分だけでオリジナルTシャツを作るという自信がない事もあるかと思われますが、そんな時には人に相談するという事もできます。

オリジナルTシャツのプリントを行っている会社の中には、プロのデザイナーがおり、その人にオリジナルTシャツのデザインについて相談できる場合もある様です。

オリジナルTシャツについて相談する事によって、迷っている所を解決した状態で、いい物に完成させる事ができる事でしょう。

少しでもいいと思われるオリジナルTシャツにするためにも、プロの意見というのは多いに参考になる事もあるかと思われます。困った時には、この様なサービスを利用するのもいいでしょう。

オリジナルTシャツの文字の書体について

オリジナルTシャツに文字を入れようと思ったら、和文書体(ひらがな、かたかな)や筆文字風、欧文等さまざまなフォントを使うことができます。

でも気をつけたいのは使うフォントによって、和文字は使えないとか、大文字では文字が繋がらない等の注意点がある場合がありますので注意して隅から隅まで読むようにしましょう。

文字一覧の横に数字が書かれていますので、それで好みの書体を指定してオリジナルTシャツにプリントすることができます。

フォント一つであなたが作るTシャツのイメージが変わってきますので、どの文字を使用するか慎重に選ぶようにしましょう。

オリジナルTシャツの魅力と便利な点

オリジナルTシャツは、その名の通り、オリジナルのデザインでTシャツを作ることができます。

ですから、スポーツチームなどでチーム名を入れた物を用意したいという時にはピッタリと言えます。プロの選手のように、背番号を入れたり、個人名を入れてみるのも面白いでしょう。

なお、オリジナルTシャツを作成する際の実際の流れですが、Web上でデザインをして、そのまま注文・決済をすることができるサイトも存在していますので、ネットに接続できる環境さえ整っていれば、入手することができて便利です。商品は自宅まで届けてもらえますから楽です。

個性的なデザインが魅力のオリジナルTシャツ

オリジナルTシャツは、団体競技を行う際などに着用することで、団結力を高めたり一体感を得ることができるアイテムです。

色や文字、イラストなどさまざまな部分でオリジナリティを出せますから、既製品では表現できない、かなり個性的なデザインのTシャツにすることができるのが魅力です。

なお、オリジナルTシャツは色々なタイプのTシャツで作成することができます。半袖のTシャツで作成することもできますし、長袖のTシャツでの作成も可能です。

また、ポロシャツやパーカーでも作成することができますから、かなり幅が広いと言えます。

試作品を注文できるクラTとオリジナルTシャツ

みんなにとって本当にいいと思えるクラTとオリジナルTシャツを作りたいという場合には、試行錯誤して作品を完成させたい場合もあるでしょう。

それなら、クラTとオリジナルTシャツは、いきなり本番用のアイテムにプリントするのではなくて、まず試作品となるクラTとオリジナルTシャツを作る事もできます。

実際にプリントされたクラTとオリジナルTシャツを手に取って確認する事ができます。

その上で、クラTとオリジナルTシャツを大量にプリントする事ができますので、失敗を回避する事ができます。

仕上がりが、自分のイメージとは異なっていたらどうしようと思う場合には、試作品を注文しましょう。

マラソン大会のオリジナルTシャツ

最近はマラソン大会を多くTV放送するようになりました。昔はそれほどTV放送するようなことはなかったと思います。

このマラソン大会もはやりすたりがあり、昔でいれば篠山マラソンなどが有名でしたが、最近は姫路城マラソンや神戸マラソン、大阪マラソンなどが有名です。

人気のあるマラソン大会は応募してもなかなか参加できないようです。特に東京マラソンなどは競争が激しくて応募しても落選するのが普通です。

参加者の多いマラソン大会などでは数千枚や数万枚のTシャツが作られます。そんなTシャツを着て走ることで本当に参加したんだなという実感がわいてくると思います。

Tシャツ作成業者からいうとこの一件の案件を受注するとかなり大きな売り上げにはなります。

利益になるかどうかはわかりませんが、売り上げにはなりますので魅力的です。全国に何千人規模のマラソン大会があるのか?と考えると業者からいうと夢のある話ではないでしょうか?

高校向きのクラスTシャツもいいのですが、このような何千枚、何枚枚というロットの仕事も非常に魅力的ではあります。

ただ、製造ラインが十分でない方には難しい案件にはなるでしょう。そう考えると身の丈にあった仕事を考えると地方のマラソン大会がということになります。

ただ、地方のマラソン大会の場合は地方の業者が優先的に受注しそうな気もします。あらかじめ決まっているような気もします。

そう考えるとやはり、高校のクラスTシャツなどの営業を頑張るのもわかります。

あとはラーメン店などのユニフォームとして利用しているTシャツなどの受注に力入れるのもわかります。こちらもコネクションがある企業が受注する可能性は高いとはおもいます。

見直しをしてクラスTシャツとして使うTシャツを作成

一度入稿作業を終えると、クラスTシャツとして使うTシャツを作成する際にはやり直す事が難しくなります。お店によってはプリントに取り掛かるまでなら、クラスTシャツとして使うTシャツを作成する際の修正を受け付けている事もあります。

しかし、クラスTシャツとして使うTシャツを作成は、人により異なります。そのため、クラスTシャツとして使うTシャツを作成するなら、見直しを徹底しましょう。

クラスTシャツとして使うTシャツを作成する際に修正すべき点があれば、修正した上で入稿しましょう。特に文字のスペルミスなど、明らかなミスがない様にしましょう。

完璧だと思う状態で入稿しましょう。

メニュー

オリジナルTシャツを作成をしたい学校、サークル様、オリジナルTシャツ作成を詳しく知りたい方はこちらからお問い合わせください。