納得のいくファッションを割安でおこないたいと願う人は自分だけのオリジナルTシャツを身につけることで、個性的で自分好みのファッションを実現することが可能になります。

乾きが早い速乾Tシャツ

汗をかいた時に、着替えないでそのままでいると、服が濡れたままの状態となり、体が冷える事もあります。ですので、速乾Tシャツというのは助かります。

夏は汗をかきやすいので速乾の機能が役に立つ事もあります。更に、風邪を引いている時にも汗をかきやすいのでいいかもしれません。

他にもランニングなどスポーツをする人にもおすすめです。

速乾Tシャツは自分が着ている時だけではなく、洗濯した後にも乾きやすいという事も考えられます。また、速乾という機能の他に、吸水性にすぐれた生地を使用している場合もあります。

汗の臭いを抑えてくれる防臭効果や、日焼けを防いでくれるUVなどの機能もあります。

Tシャツ作成でのデータについて

Tシャツ作成を行いたい場合、Tシャツ作成業者へ、デザインやイラストのデータを送らなければなりません。データを送る方法は、大きく分けて2つあります。1つ目は、紙に書いて送る方法です。

業者が発行しているパンフレットには、デザインやイラストを書くための用紙がついています。そのため、その用紙に自分で書いて、それを業者へ送る方法があります。2つ目に、ネット上で送る方法があります。業者のサイトでパソコンからイラストやデザインを打ち込むことが出来る場合もあります。そのまま、送信するだけで送ることができるため、非常に簡単です。

対応しないソフトもあるTシャツ作成

気を付けないといけないのがTシャツ作成では対応してないソフトもあるという事です。Tシャツ作成の際に、必要なソフトがないとTシャツ作成を行う事ができないのではないかと心配になる人もいますが、中にはソフトがなくても、webサイト上でデザインができる様になっている事もあります。

その場合には、パソコンやスマホからwebサイトにアクセスするだけでTシャツ作成を行う事ができます。Tシャツ作成で使用するソフトについては、会社によってルールが大きく異なる事もあります。最初に利用する会社を決めておくといいでしょう。そうすると、ルールを確認して作業をスタートする事ができるでしょう。

オリジナルのTシャツ作成の流れ

オリジナルのTシャツ作成にあたっては、まず枚数やプリント箇所等を決め、デザインや素材、カラーなどを選び見積もりを依頼します。メールで手軽に無料見積もりができる場合もあります。見積もりが満足のいくものであれば、Tシャツ作成の注文という形になります。

デザインのイメージや図案を送り、それを元に専門デザイナーがTシャツをデザインします。刺繍等の加工も可能です。出来上がった仕上がりイメージを確認し、デザインやサイズ、枚数など最終チェックを済ませたら、いよいよプリントを開始してオリジナルTシャツを完成させるのが流れです。

世界に一つだけのオリジナルTシャツ作成のための便利な方法

企業やサービスのキャンペーン、あるいは文化祭や体育祭などの学校行事などの機会にチームが一丸となって目標に取り組むのに最適なのがオリジナルのTシャツ作成です。最近では自宅のインクジェットプリンターなどの性能も上がりこれらのプリントも難なくこなせるようになっていますが、しかしある程度の枚数を高品質にて作成する場合にはやはり専門業者を活用した方が安心です。

最近ではネットの選択画面で好みのデザインや文字などを入れて、好きな画像をアップロードして組み合わせることで世界に一つだけのオリジナルTシャツを作成することができます。

オリジナルTシャツ作成の際の注意点

体育祭や文化祭に自分達でデザインしたTシャツ作成を検討することもあるでしょう。そんな時に、どこに依頼すれば良いのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。最近は、インターネットで簡単に注文することができます。

検索すると複数のお店が出てきますので、まずは複数のお店に見積もりを取ってみましょう。同じデザインであっても、どんな生地を用いるか、や仕上がり具合はお店によって違ってきます。料金だけで決めるのではなく、納期や生地の選び方なども含めて検討した上で、納得のいくお店を探して依頼するのがおすすめです。