納得のいくファッションを割安でおこないたいと願う人は自分だけのオリジナルTシャツを身につけることで、個性的で自分好みのファッションを実現することが可能になります。

異なるデザインでTシャツ作成

同時に異なるデザインのTシャツ作成をしたいという事もあるでしょう。Tシャツ作成においては、部分的に異なるデザインにするという事もあるかと思います。たとえば、ユニフォームとしてTシャツ作成をするのであれば、数字の部分以外は共通のデザインにするという事もあるかと思います。

また、ダンスグループで使うためのTシャツ作成であれば、すべてにおいて全く異なるデザインを採用する事もあるかと思います。異なるデザインでTシャツ作成をする際には、それぞれのオーダー枚数などを間違わない様に注意したいですね。すでに注文をしてしまった後には、変更などは対応してもらえないという事が考えられます。

Tシャツ作成はラインナップを見て決める

Tシャツ作成をする時、具体的にどのようにしようか決めてからTシャツ作成をするという人も多いものです。ですが、どのようにしようかというのをある程度決めている人でも、一度ラインナップは見てみると良いでしょう。

そうすることによってアイデアの幅を広げることもできますし、一度決めていたデザインよりももっと良いアイデアが浮かぶようなこともあるものです。また、ラインナップから今のトレンドがわかるようなことも多いので、トレンドを意識したものを作るためにもチェックしてみると良いでしょう。見ることでセンスも養われます。

拡大して細部もこだわるTシャツ作成

画像ソフトを使用してTシャツ作成の作業を行っている人も多いですが、その際にはできるだけ拡大して細かい部分も見ながら作業を行う様にしましょう。Tシャツ作成の際に小さく表示したままであれば、拡大して見ると、ズレが発生する事もあります。

Tシャツ作成ではプリントを終えてからでは修正などはできません。Tシャツ作成において、明らかにミスだと思われる点については、みっともなく感じられる事もあります。また、Tシャツ作成が完成すれば、拡大をして細かい所まで確認してから提出をしましょう。意外なミスが発見される事もあります。プリントに取り掛かってから気が付いても対応してもらえませんので、確認は大事です。

オリジナルのTシャツ作成後の商品受け取りについて

オリジナルTシャツ作成後の商品受け取りは、店舗に直接注文した場合は直接問い合わせることがおすすめです。 ネットでTシャツ作成を依頼した場合は、即日発送してくれるところと、1週間程度の営業日での発送となる場合があります。

急なイベントで使いたいと日数があまりない場合は即日発送が可能な店舗を探して依頼するのがいいでしょう。注文する際は、デザインや生地、カラーの指定について自分の希望したものとどこまで近づけることができるのかを、よく検討してから依頼するようにしましょう。また、時間に余裕がないときは支払い方法を忘れがちなのでどういった方法があるかもあらかじめ確認しておきましょう。

Tシャツ作成の方法について

Tシャツ作成の方法は2種類あります。1つは道具を使って自作するやり方で、アイロンやプリントシート、パソコンやプリンターなどが必要になります。自宅にパソコンやプリンターがある場合や、作成するTシャツが数枚程度の場合は、自作した方が費用を安く抑えられます。

パソコンやプリンターを持っていない場合や、Tシャツを大量に用意する必要がある場合は、費用や手間を抑えるために、専門業者に依頼することをおすすめします。専門業者に依頼する方法では、デザインは手書きのもの、あるいはパソコンでデータ化されたものを提出します。デザインが苦手な人は、業者が用意した既存のデザインを使用することもできます。

便利で簡単にTシャツ作成を行う方法

オリジナルデザインのTシャツ作成を行うなら、ネットで注文するのがお得で便利といえます。注文の際はデザインデータを業者に送付する訳ですが、その時ぜひ心掛けたい点があります。それは、なるべく大きな画像を利用する事です。

なぜならその方がTシャツにより鮮明にプリントでき、美しい仕上がりとなるからです。その他の注意点としては、指定した生地の色とデザインがマッチしているかきちんとチェックする事です。

色がだぶっていたりすると、せっかくのデザインが台無しになってしまいます。このような点を注文の際に気を付ける事で、ネットを利用した理想的なデザインのTシャツ作成が可能になるといえます。

オリジナルtシャツ作成を楽しむならここ。

オリジナルTシャツ作成の関連記事